紫外線からお肌を守る効果について

紫外線はメラニンを生成させ、メラニンが増え続けるとシミの原因になるになりますし、一重項酸素という活性酸素が発生する原因にもなります。コラーゲンはコラーゲン線維が無数に網目状にはりめぐらされることで、ハリや弾力を作り出しています。このコラーゲン同士が橋のように結びつくことをコラーゲン架橋といい、このコラーゲン架橋には善玉架橋と悪玉架橋があります。善玉架橋が多いとハリのある肌を保ち、肌だけでなく関節や骨などの健康に保つためにもとても重要な働きをしています。しかし、この活性酸素は善玉架橋を老化させ悪玉架橋に変化させてしまいます。悪玉架橋になると、肌はハリがなくなり、肌の厚みが増し、硬くなったりシワが深くなります。また、肌なけでなく関節を硬くし、血管も硬くなるなどの老化現象の原因にもなります。ハリのある肌を保つにはこの活性酸素を除去する必要があります。この活性酸素の除去には、強い抗酸化作用を持った栄養素を摂取する必要があります。活性酸素を増加させる要因は他にもあり、ストレスやタバコ、お酒なども増加させる原因となります。生活習慣を見直すことも大切で、バランスの良い食事や睡眠は健康な肌を保つには重要な要素です。

 

 

コメント