ダイエット効果について

ダイエットを実現するには、食事制限と同時に適度な運動が必要になってきます。ウォーキングやサイクリング、スイミングなどの有酸素運動を日常に取り入れることによって、人間の体は脂肪燃焼をしていくことに繋がることになります。有酸素運動の時間としては、最低で20分が必要と言われています。20分が経過してから脂肪燃焼が始めるため、30分から1時間程度は継続する必要が出ています。スポーツではジョギングなどの激しいものよりも、ウォーキングなどの軽いスポーツの方が長く続けられるのでオススメとなります。軽いスポーツだけだと体重の減少スピードは緩やかとなりますが、もっと効率的に痩せたい場合には体の基礎代謝を上げておくという方法があります。基礎代謝は体の筋肉量を増やすことによって高まってくるため、予め筋トレを行っておくと効率化が図れます。時折、スクワットや腹筋、腕立てなどを行っていくだけでも良いです。基礎代謝が高まった後に有酸素運動をしていくと、早く効果が出ることが期待できます。しかしながら、早く結果を求めるとストレスが溜まったりするため、リバウンドをしやすくなることが考えらえます。そのため、気長に努力をし続けることが何よりも重要と言えます。

コメント