サプリメントで摂取する場合の摂取量について

健康志向が高まる今日、健康維持のため美容のために手軽に摂取できるサプリメントが人気です。
日常の食事で不足しがちな栄養素を気軽に補うことができますので、老若男女問わず多くの方が利用していることでしょう。
サプリは薬ではありませんので、即効性はありません。そのため、短期間の摂取では効果は期待できないので、長期間継続して摂取するのが理想です。
また、1日の摂取量ですが、薬ではないからといって効果を期待するあまり一度に大量のサプリを摂取しますと、副作用が起きることもありますので、過剰摂取はやめましょう。
1日の摂取量は各種パッケージなどに表示されていますので、それを参考にすると良いでしょう。
日本では、法律上食品と同じ扱いになるため、医薬品のように服用量や服用方法などをはっきりと表示することはできません。
そのため、各種メーカー「目安に」という表現になっています。
成分によっては、公的な機関で定められた基準がないものもあり、目安にという曖昧な表示に不安に思う方もなかにはいらっしゃるでしょう。
しかし、日本の大手メーカーの商品であれば、副作用の心配はほとんどありませんので、安心して摂取することができます。
ただし、くれぐれも過剰摂取には注意が必要です。

コメント